バイオガスエネルギー授業、大盛況でした!

posted:2018.08.20

東北大学准教授、多田千佳先生による出前授業、「生ゴミからバイオガスをつくろう!」が8月19日に前橋児童文化センターにて行われました。参加者が持ち寄った生ゴミでバイオガスを生成してお湯を沸かすまでの実験でした。冒頭生ゴミを液状化する過程では「くさい〜!」などと言っていた子も、生成されたガスに炎が灯ると目を丸くし、みんな興味深く、そして楽しそうに実験を終えました。風の会メンバーも、この授業をお手伝いすることで童心に帰って楽しんでおりました。多田先生、(株)地熱開発の手塚さん、未来の芽創造課の谷内田さんと市役所の方々、真剣にお手伝いしてくれた岡正己市議会議員、そして参加者と父兄の方々、ありがとうございました!

未来のエネルギーを考えるバイオガスエネルギー授業を開催

posted:2018.07.10

東京五輪の聖火をバイオガスで点灯するプロジェクト!
風の会も応援しています!以下ご覧いただきご参加ください。対象は中学生です。

若い世代のうちから自然エネルギーに関心を持つことによって、地域に根ざしたエネルギーの確保や未来に向けたエネルギーの活用方法などを考えるきっかけになるよう、生ゴミから自然エネルギーとなるバイオガスを作る授業を開催します。
講師に東北大学農学研究科・多田千佳准教授をお招きし、生ゴミからどのようにバイオガスがつくられていくのか、生ゴミがエネルギーに変わる過程を実験を通して学びます。
東北大学大学院農学研究科准教授 多田千佳さんは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの聖火をバイオガスで点灯するプロジェクトを提案しており、今回の授業はそのプロジェクトの一環で開催します。
バイオガスで、東京オリンピック・パラリンピックの聖火を灯そう。

日時:8月19日(日)午後1時~3時
対象・募集数:中学生(1年生~3年生)・24名(応募者多数の場合は抽選。抽選結果はメールまたは電話でお知らせします)
会場:児童文化センター
申し込み:8月1日(水)までに、氏名、学校名、学年、メールアドレス、電話番号を以下へメールしてください。
info@chinetsu.com
参加費:無料
当日持参するもの:軍手、生ゴミ50g(片手に乗る程度)、マスク
問い合わせ先:株式会社地熱開発

【太陽の鐘】完成式典のお知らせ

posted:2018.03.06

3月31日に行われる【太陽の鐘】完成式典について記者会見が行われ、風の会代表、中村敬太郎会長も会見を行いました。記事の通り、当日は糸井重里さんや、太陽の会代表のJINS田中仁社長ほか多くの関係者が参加します。ご支援いただいた皆さまには当日のイベント(植栽)にご参加いただきますが、詳細は追ってご報告いたします。

運営ボランティアの方を募集しています!

posted:2018.03.01

「前橋を楽しくステキにするために…」

風の会は、サイト運営や事務的な仕事を手伝ってくださる方を探しています。
前橋市活性化のプラットフォームとなるために力を貸してくださる方、ぜひご協力ください!

内  容:各問い合わせへの対応、事務全般
活動日時:随時、会議は原則月1回程度
活動場所:要相談、会議は前橋市街地某所
要  件:前橋ビジョン“めぶく”に共感してくださる方。
応募方法:当HPの問い合わせフォームよりご連絡ください。詳細な内容をお伝えさせていただきます。

【太陽の鐘】クラウドファンディング・スタート!

posted:2018.02.11

JINSの田中代表を会長とする前橋の街づくり支援団体「太陽の会」が前橋市に寄贈することになった岡本太郎作「太陽の鐘」設置に際し、太陽の鐘周辺に植栽する事業に、風の会でクラウドファンディングをスタートしました!
以下よりアクセスしていただき、ぜひご支援ください!(5,000円よりご支援いただけます)
https://greenfunding.jp/harebutai/projects/2150